(Linux) 日常作業用のコマンド類メモ 〜システム管理〜


戻る一つ前のメニューに戻る

目次

システム状態表示

Linuxディストリビューションのバージョン表示
lsb_release -a
コンピュータ名やカーネルバージョンの表示
uname -a
ハードウエア情報全ての表示
lshw -businfo

-businfo : 各デバイス1行で、かつPCI,SCSIバス番号の表示

dmidecode -t [type name] | -s [system name]

-t : bios, system, memory, connector, ... , -s : bios-version, processor-version, ...

CPU情報
lscpu
PCIバスに接続されたデバイス情報
lspci -tvnn

-t : ツリー表示, -m : 詳細表示, -n:ベンダ・プロダクトID表示, -nn : 詳細

USBバスに接続されたデバイス情報
lsusb -t|-v

-t : ツリー表示, -v : 詳細表示

モジュール情報
lsmod
ロケールの表示
locale


サービスの管理

upstart (Debian/Ubuntu)

一覧表示 (起動されているサービスはprocess番号が表示される)

initctl list

有効・無効化は、/etc/init以下の設定ファイルを編集する。例としてsambaデーモンの設定ファイルの該当部分を示す

start on (local-filesystems and net-device-up)
stop on runlevel [!2345]

サービスの手動での起動・停止・再起動・状態表示

initctl start|stop|restart|status [service]


SysVinit (Debian/Ubuntu)

一覧表示

sysv-rc-init --list

有効・無効化

sysv-rc-init [service] on|off

サービスの有効・無効化は/etc/rc*.d//etc/init.d/の起動スクリプトへのシンボリックリンクを張ることにより行われる。

サービスの手動での起動・停止

service [service] start|stop|restart


ユーザ管理

ログインユーザ一覧
lslogins -u|-o==USER,GROUP,HOMEDIR,SHELL,LAST-LOGIN

-u : 一般ユーザのみ表示, -o=USER,HOMEDIR,... : 指定された情報を表示

ユーザの情報(UID, グループ名とGID, サブグループ名とGID)表示
id [user]
ユーザ新規追加
useradd -d /home/user -m -e 2016-12-31 -g group -G group1,group2 -p password -s /bin/bash [user]

-m : ホームディレクトリを作成する(/etc/skel/ 以下がコピーされる)

ユーザ削除
userdel -r [user]

-r : ホームディレクトリを削除する

ユーザ名を変更
usermod -l [user_new] -d /home/user_new -m [user_old]

-m : 新しいユーザのホームディレクトリに、現在のホームディレクトリ内のファイルが移動される

パスワード変更
passwd -S [user]

-S : 情報表示のみを行う(ロック状態, 最終パスワード変更日,...)

ユーザをロック/アンロック
usermod -L|-U [user]
シェル変更
chsh -s /bin/bash [user]

オプション付けずに実行 : 対話形式で変更, -s シェル名 : 指定したシェルに変更

usermod -s /bin/bash [user]
ホーム ディレクトリの変更
usermod -d /home/user [user]
デフォルト グループの変更
usermod -g [group] [user]
サブグループの変更
usermod -aG [group1,group2,...] [user]

-aG : サブグループの「追加」, -G : サブグループの「置き換え」

プロセス管理

指定したプロセス名のPIDを得る(-x オプションで完全一致の場合のみ)

pgrep -x [プロセス名]

指定したプロセスを停止する(-x オプションで完全一致の場合のみ, -HUP はプロセスのリロード)

pkill -x -HUP [プロセス名]

指定したプロセスが実行中の場合、指定したプログラムを実行する

[ -n "$(pgrep -x プロセス名)" ] && 実行するプログラム

スケジューリング

crontab 編集

crontab -u USER -e

crontab 現在値の表示

crontab -u USER -l

ディスクドライブ関連

ブロックデバイス情報
lsblk -f

-f : ファイルシステムとボリュームラベル表示,

blkid -po udev /dev/sda1

-po udev : 指定されたブロックデバイスのローレベル情報を表示, オプション無し : ブロックデバイス一覧表示

パーティションテーブルの表示、編集
fdisk -l /dev/sda

-l : 表示のみ

ボリュームラベルの変更

extの場合

e2label /dev/sdb1 [新しいラベル名]

FAT32の場合、現在のボリュームラベルを表示後に変更入力に遷移

mlabel -i /dev/sdb1


その他

画面表示の明るさ、ガンマ設定

設定(ガンマ値は0.0〜1.0, 明るさは0.0〜)

xrandr --output HDMI1 --gamma 1.0:1.0:1.0
xrandr --brightness 1.0
xrandr --output HDMI1 --gamma 0.6:0.6:0.6 --brightness 0.5

現在値の表示

xrandr --verbose | grep -e Gamma -e Brightness
シャットダウン

指定した時刻にシャットダウン(例は15時30分)

shutdown -h 15:30
戻る一つ前のメニューに戻る