フィルムスキャナ考察 : スキャナドライバの設定

注意:このページは最終更新が2002年04月で、現在では利用できない情報の可能性があります。

MINOLTA Dimage Scan Dual IIの概略仕様

型式 Dimage Scan Dual II, AF-2820U
取り込みメディア 35mmスリーブ, 35mmリバーサル用マウント, APS
スリーブは連続8枚長、マウントは4枚装填可
光学解像度と取り込みサイズ 2820 dpi, 2688 × 4032 ピクセル (35mmフィルムの場合)
入力 12 bit
出力 8 bit または 16 bit
イメージ・センサー CCD (RGB 3ライン カラーCCD)
光源 3波長蛍光管
インターフェース USB 1.1
ホコリ取り機能 なし

写真1枚あたりの取り込み時間比較

純正TWAINドライバ

スキャナに付属しているMINOLTAの標準ドライバです。画像ソフトからTWAINデータ ソースとして画像をキャプチャ出来ます。ネガの取り込みは「露出アンダー」に出やすいため、レベル調整などが必要かもしれません。

画像取り込みダイアログ

環境設定

vuescan

汎用ドライバ(シェアウエア)。純正TWAINドライバに比べて設定できる項目が多い。

基本的には前回(終了時)の設定が引き継がれていますが、ディスク モードやスキャナ モードの違い、スキャナ機種を変更したりすると設定が変わっていることもあるので、毎回全ての設定をチェックするか、設定ファイルを読み込む。

Device設定

Crop設定

Color設定

File設定