欧州縦断旅日記 : 旅程表、支出、その他

旅程表

  行程
Sep 23 (Sat) 関西空港11:35 → アムステルダム・スキポール空港 16:45 (KLM868)
アムステルダム・スキポール空港 18:45 → ロンドン・ヒースロー空港 19:05 (KLM129)
ヒースロー空港 → ロンドン市内 22時頃 (地下鉄)
泊 Prince Regent Hotel
Sep 24 (Sun) 泊 Prince Regent Hotel
Sep 25 (Mon) 泊 Prince Regent Hotel
Sep 26 (Tue) ロンドン・ウォータールー駅 08:23→ パリ・北駅 11:17 (Eurostar9006)
泊 Grand Hotel d'amien
Sep 27 (Wed) パリ市内 ←→ ベルサイユ 午前中 (SNCF近郊列車)
泊 Grand Hotel d'amien
Sep 28 (Thu) パリ・モンパルナス駅 9:00 → トゥール 10:04 10:56 → ブロア 12:00頃 13:45 →
オルレアン 13:45 14:05 → パリ・オーステリッツ駅 15時頃 (SNCF TGV TER 乗り継ぎ)
泊 Grand Hotel d'amien
Sep 29 (Fri) パリ・北駅 21:01 →
Sep 30 (Sat) → ベルリン・ツォーロギシャ・ガルテン駅 09:04 (SNCF,SNCB,DB 243列車)
ベルリン ←→ ポツダム (S Bahn)
泊 Hotel Crystal Garni
Oct 1 (Sun) ベルリン・ツォーロギシャ・ガルテン駅 23:21 →
Oct 2 (Mon) → フランクフルト・アム・マイン・中央駅 06:46 (DB 670列車)
フランクフルト中央駅 11:02 → ハイデルベルク駅 11:51 (ICE 573)
ハイデルベルク駅 14:06→ フランクフルト中央駅 14:55(ICE 576)
泊 Hotel Wiesbaden
Oct 3 (Tue) フランクフルト中央駅 11:54 → リューデスハイム駅 13:01 (RE)
リューデスハイム港 14:00 → コブレンツ港 17:55 (定期客船)
コブレンツ駅 18:44 → フランクフルト中央駅 20:07 (IC 625)
泊 Hotel Wiesbaden
Oct 4 (Wed) フランクフルト中央駅 10:02 → バーセル中央駅 13:06 (ICE 79)
バーセル中央駅 20:02 →
Oct 5 (Thu) → ローマ・テルミニ駅 09:23 (EN 313)
泊 Domus Mea
Oct 6 (Fri) 泊 Domus Mea
Oct 7 (Sat) ローマ ←→ リド (ATAC)
泊 Domus Mea
Oct 8 (Sun) ローマ・テルミニ駅 10:25 → ローマ・フィミチーノ空港駅 (FS)
ローマ・フィミチーノ空港 12:25 → アムステルダム・スキポール空港 15:05 (KLM266)
泊 Hotel Schirmann

支出

1泊あたりの宿泊料金

食事料金

両替為替レート

感想

ユーロトンネルができて、わずが10ヶ月後の欧州訪問だった。欧州の高速鉄道網もだいぶ発展してきている。引き換えに夜行列車が多数廃止、または特別夜行列車となり多額の追加料金を取るようになってきているので、安上がりに旅行しづらくなっている。

ロンドンとパリは雨にたたられ、ほんのわずか訪れたロワール地方の天気がすがすがしかった。パリからベルリンに向かった時は、凍えるほど寒かった。ツォー駅を下りた時は"えらいとこに来てしまった"と若干後悔したくらいだ。
ドイツでは天気に恵まれず、ベルリンでは寒く、フランクフルト付近では寒い雨だった。この雨はスイスのバーセルでも降ってきた。
イタリアに抜けてからは、"さんさんと降り注ぐ"太陽の下、バカンス気分を満喫した。ローマの観光案内所が"今がハイ・シーズン"と言っていたのは真実だ。

ローマの古代遺跡を訪れて考えさせられたのは、当時は可能だった均整の取れた街を作る事が、なぜ現代では不可能なのかだった。特に東アジアの国々(日本も含む)は、無秩序に開発するためにぐちゃぐちゃの町並となっているので悲しくなる。